今や「妊娠線のケア」は、プレママの常識。

妊婦さんの多くが、妊娠4~5ヶ月までに妊娠線ケアをスタート!

お腹があまり目立たないうちに、ケアを始める方が多いんです。

妊娠線は予防していてもできる人もいれば、予防していなくてもできない人もいます。

だからと言って、「じゃあケアしても無駄じゃん!」と思うのは間違い。

努力は人を裏切りません。

その証拠に、「高齢出産の妊婦さんほど妊娠線ができない」という説があります。

高齢ママは若いママより、どうしても出産リスクが高くなりがち。

よって高齢出産ママは、体調管理に非常に熱心です。

また皮膚の弾力が衰えているので、スキンケアもしっかり。

一般に「高齢出産ママのほうが妊娠線ができやすい」と言われていますが、心がけ次第で逆転することができるんです。

これはつまり、若いママでも油断大敵ということ。

ケアを怠れば、すぐに茶色い妊娠線がメリメリッとついてしまいます。

では妊娠線のケアには、どんなことが効果的なのでしょうか。

 

●妊娠線予防には、まず体重管理が必須!

お腹が大きくなり、自分の体重が増えてくると、赤ちゃんの成長が感じられて嬉しいですよね。

でも必要以上に体重が増えると、お腹も必要以上に膨張。

お腹の皮膚、特に真皮の伸びが追いつかなくなり、妊娠線ができやすくなります。

食事や運動などに気を配り、適切な体重増加を心がけましょう。

 

●保湿で潤いと弾力アップ!

妊娠線予防には、保湿がとっても大事。

肌が乾燥すると皮膚の伸びが悪くなり、妊娠線ができやすくなります。

また、乾燥でお腹をかいてしまった後に妊娠線が出たという声も。

クリームやオイルで、肌に潤いと弾力をあげましょう。

さてここで気になるのが、「妊娠線コスメの選び方」です。

妊娠線をケアするには、まず妊娠線専用のクリーム・オイルを使うのがベター。

なぜなら、妊娠中は肌が敏感になっているからです。

お腹に赤ちゃんがいる体は、とてもデリケート。

肌もとってもデリケートになっています。

妊娠前に使っていた化粧品が、妊娠してから途端に合わなくなったという人も多いのでは?

一般に、妊娠線ケア専用のクリーム・オイルは肌に優しい処方。

自然由来成分配合、指定成分無添加など、できるだけ肌に負担がかからないよう作られています。

妊娠線のケアには、専用のクリームやオイルを使いましょう。

また、保湿成分・美容成分も要チェック!

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタなど高保湿成分が入っているものがおすすめ。

美容効果も高いので、お腹だけでなく全身ツヤ肌を目指せます。

植物由来成分なら、オリーブオイル、ホホバオイル、アルガンオイル、シアバター配合のものが人気。

その他、赤ちゃんとママの健康を考えた「葉酸入り」も良いですよ。

なかには臨月で、「今からクリームを塗っても手遅れ」と思うプレママもいるかもしれませんね。

でも妊娠線ケアクリームは、予防だけでなく改善にも効果的。

産後、妊娠線を消したい場合でも活躍しますよ。

妊娠線ケアでお腹をマッサージすれば、お腹の赤ちゃんもニコニコ。

ママとベビーの笑顔のためにも、ぜひクリームやオイルでケアをしてみてね。

妊娠線消すクリームランキング|おすすめ人気比較
http://xn--88jtjmfobzfx970a93at94hly4a.com/